ソウル駅から明洞までの徒歩ルート!その他のアクセス方法も大特集

韓国にはもう何十回と行っているので、市内などでのアクセス方法ではほとんど迷うことがなくなっています。

ですが初めの頃は、大失敗の繰り返しで「え!?ここはどこ?」なんてことはしょっちゅうでしたね~(^^;


中でも一度、仁川空港に到着してから電車でソウル駅まで向かい、近いと聞いていた宿泊先がある明洞まで歩いて行ったときです。普通なら20分ほどで着くはずが迷いに迷い、2時間近くもかかってしまったことがありました。

まあ途中で気づくまで、全く逆方向に歩いていたのでしょうがないんですけどね(^^;


ということで今回は、そんな間違えをした自分自信に反省をこめてソウル駅から明洞までの徒歩での行き方と、電車やバス、タクシーでのアクセス方法もまとめてお届けしますね。記事内の料金やレート計算は2019年10月のものです。


そのまえに、私のように失敗しないためにもソウル駅と明洞の距離や位置関係を完璧に知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソウル駅から明洞まではどれぐらい離れているの?


下の地図の①がソウル駅で②が明洞メインストリートにいちばん近い地下鉄5番出口付近です。
 ↓            ↓


地図上で直線距離を計ると1.5㎞でした。

これぐらいの距離ならば、正確な道順を把握していれば歩く途中で道を曲がったり信号で止まったとしても20~30分ほどで到着すると思われますね。


ではその徒歩での道順を紹介していきます。

ソウル駅から明洞までの徒歩での行き方


私がおすすすめする徒歩でのルートは、

  • ①:タクシーや電車を使うほど急いではいないが早く行きたい
  • ②:時間に余裕があるので街を詮索しながら歩いて行きたい

場合の2つです。

どちらも使ったことはありますが、簡単なルートですから自分の状況に合せて選んでくださいね。

こちらがルート①の道順です。①ソウル駅7番出口。②明洞の終着点。
 ↓            ↓


ソウル駅に着いたら7番出口に向かいます。そして外に出たなら、そのまま真っ直ぐに進んで行きましょう。陸橋の下を通り、南大門市場のメインストリートに入って行くゲート5(地図上の③)も越えます。


しばらく行くと大きな交差点があり、左に新世界百貨店で右にはソールタワーが見える場所です。ストリートビューで確認するとこんな感じです。
 ↓            ↓


画面を左にずらすとソールタワーが奥に見えますよ。

そして交差点を渡り、中央の道を真っ直ぐに進んで行けば明洞に到着です。


そしてこちらがルート②の道順です。①ソウル駅4番出口②明洞終着点。
 ↓            ↓


ソウル駅に着いたら4番出口に向かい外に出ると世宗大路という大通りです。そこを真っ直ぐに進みます(5番出口の方に行ったらダメですよ)。

すると崇礼門(スンネムン)が見えてきます。私はバックにして写真を撮ったことがあります^^
 ↓            ↓
崇礼門(スンネムン)

で、その崇礼門(スンネムン)の手前の小道を右に入り進み、今度は左に曲がり進む。すると大通りに出ますので(左側に崇礼門が見えます)右に歩きすぐの横断歩道を渡ります。

そして南大門市場のゲート7から入って行き、お店を詮索しながらゲート2の場所に出て右に曲がり、そのまま真っ直ぐに進んで行けば明洞に到着します。

ゲート2からの道順ならこちらの明洞から南大門市場までの行き方!歩いてやその他の方法も併せて紹介の記事の中に画像付きで紹介していますのでご覧ください。


以上2つがおすすめの徒歩ルートでした。


では次に、電車での行き方を紹介します。

ソウル駅から明洞までの電車での行き方


その行き方は、

・地下鉄4号線ソウル駅~明洞駅

までのルートです。

路線図で確認しても分かるように2駅目で到着します。
 ↓            ↓
ソウル駅から明洞駅までの地下鉄路線図

そしてこのルートで、

  • 運賃:1.350w(約135円)T-money:1.250w(125円)
  • 時間:約4分

で到着できます。T-moneyとは日本のICカードの様なもので地下鉄やバスを割引料金で利用できます。あとコンビニなどでの買い物でも使えますよ。

途中の停車駅は1駅目の南大門市場がある会賢(フェヒョン)駅だけなので、とても早く到着できちゃいます。もし南大門市場に用があるなら途中下車してもいいですね。


■地下鉄の始発と終電の時刻

★ソウル駅から明洞に向かう場合

  • 始発の時間:平日5:33:土日5:34(タンコゲ駅が終点の電車)

  • 終電の時間:平日0:25:土日23:31(タンコゲ駅が終点の電車)漢城大入口が終点の電車:平日00:44:土日23:47

★明洞からソウル駅に向かう場合

  • 始発の時間:平日5:45:土日5:47(鳥耳島駅が終点の電車)

  • 終電の時間:平日23:38:土日22:40(鳥耳島駅が終点の電車)舎堂が終点の電車:平日0:40:土日23:29 ソウル駅が終点の電車:平日0:57:土日23:57



では次は、バスでの行き方です。

ソウル駅から明洞までのバスでの行き方


バスでのルートはいくつかあるのですが、おすすめするなら明洞のメインストリート近くの停留所に到着する

・ソウルスクェア停留所~明洞入口停留所

のルートです。

そのルートを地図上示すと以下の通り。①がソウルスクェア停留所で②が明洞入口停留所
 ↓            ↓


ソウルスクェア停留所からはブルー507か421番のバスに乗車。そして南大門市場のフェヒョン駅の次の明洞入口停留所で下車します。

そのルートで、

  • 運賃:1.300W(約130円)T-money:1.200w(約120円)
  • 時間:約8分

で移動ができます。

良く混み合う道ではありますが、近い距離なので時間的にはそんなにずれはないとは思います。ですが時間厳守で移動したいなら先ほどの地下鉄がおすすめです。


最後はタクシーでの行き方です。

ソウル駅から明洞までのタクシーでの行きかた


私もソウル駅にあるロッテマートで大量の買い物したときに数回使ったことがあります。やはり楽ではありますし、早く移動ができるのがいいですね。ただ一度、事故の影響で渋滞にはまり思ったより時間がかかったことはありますよ(^^;

あと日本と違い運賃が安いのもいいですよね。

そしてその運賃と時間ですが、私が先ほどバスのルートで紹介したソウルスクェア停留所近くの駅8番出口近辺から乗車して、

  • 運賃:3.800w(約380円)
  • 時間:約2分

で移動ができました。

ただバスと同じで交通状況によっては時間のずれがでる場合があります。


あとソウル駅や、明洞までの道中でのおすすめの場所を少し紹介しておきますね。

ソウル駅や明洞までの道中は楽しさでいっぱい


ソウル駅で買い物ならロッテマート&アウトレットが絶対おすすめ。私もソウル駅に行くと必ず寄ってはお得商品を狙って買い物をしています。

そのロッテマートで買い物をしている画像が、ツイッターにありましたのでお借りしました。
 ↓            ↓


買うものがなくても、見て回るだけでも面白いですよ~。


あとチムジルバン(日本でいう健康ランド)がおすすめ。そのチムジルバンの「シロアムサウナ」がソウル駅から歩いて5分ほどの場所にあります。24時間営業しているので、ちょっと疲れた体を癒すのに利用すると元気もりもりに復活しますよ。

ちょうどの韓国情報を発信してるYouTuberのかおるさんが、実際に利用した動画がありましたのでお借りしました。
 ↓            ↓


行き方も簡単だし、中の様子も楽しそうでしたね。


そして明洞までの道中は、先ほど徒歩でのルートでも紹介しましたが崇礼門(スンネムン)は見る価値がありますね。

それと、南大門市場に寄っての買い物や食事は最高です。衣類や食品などのお店がずらっと並んでいるので楽しくなってしまいます。

食事なら先ほどの徒歩ルート②の途中に南大門市場のゲート7に入る所がありますよね。そこの道の一本左の道にある太刀魚横丁がおすすめ。
 ↓            ↓
南大門市場の太刀魚横丁

新鮮な焼き魚などが安くて美味しく食べられますよ^^

まとめ


私は一度ソウル駅から東大門まで歩いたことがあります。それもロッテマートで買い物をした袋を両手に持ってです。そのときは、さすがに疲れてしまいましたね(^^;

でもソウル駅から明洞までなら徒歩でも楽しく移動できる距離なのでおすすめですよ。あと、その他のアクセス方法も簡単なので安心です。

ではもう一度おさらいをしておきます。

★徒歩

  • 早く着きたいならソウル駅の7番出口から
  • 道中を詮索しながらならソウル駅4番出口から

★地下鉄

・地下鉄4号線ソウル駅から2駅目の明洞駅までのルートで、

  • 運賃:1.350w(約135円)T-money:1.250w(125円)
  • 時間:約4分

★バス

・ソウルスクェア停留所~明洞入口停留所までのルートで、

  • 運賃:1.300W(約130円)T-money:1.200w(約120円)
  • 時間:約8分

★タクシー

ソウルスクェア停留所近くの駅8番出口近辺から乗車して、

  • 運賃:3.800w(約380円)
  • 時間:約2分

で移動できます。


今回も記事をお読み頂きありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)