ゴム手袋の臭い消し!あの悪臭を退治した方法を大特集

これまでいろいろな臭いや、汚れ落としの記事を書いてきましたが、その中に注意事項として「敏感肌の方はゴム手袋を使用しましょう」と明記しています。

そして妻がそれらの記事を読んでいたときに

そうそう私もだけど、手荒れが酷い人にはゴム手袋は必需品なのよね~。でもあの臭いだけはなんとかならないかなぁ~

うん?ゴム手袋ってそんなに臭かったっけ?

使いはじめはゴムの臭いが気になるぐらいだけど、しばらく使っていると手袋の中や、手につく臭いも最悪なんだよね。

そうなんだ。あまり気にしていなかったなぁ~。

あなたは記事を書くために新品をおろしてちょこっとはめるだけだからね。あ!丁度いいわ。そこのキッチンにあるもう買い替えようと思っているゴム手袋をはめてお風呂掃除をしてみて~^^

まじ・・・


と指示されて、実際はめて風呂掃除をしたあとの臭いは最悪でした(^^;

しかしゴム手袋がこんなに臭くなるなんて、ほんとうに気がつきませんでした。冒頭にも書きましたが、私はこのブログ内の臭い取りなどの記事の中で、肌が弱い方はゴム手袋は必須としています。

そのためにもこのゴム手袋の臭いはなんとかしなければと思い、あれやこれやと臭い消しの作業をしたのです。そして結果は、見事に解決をすることができました^^


ということで今回は、ゴム手袋の臭い消しについてお届けいたします。

あ!その前に、ゴム手袋の中がどうして臭くなってしまうのかを少しお伝えしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴム手袋の中がくさくなる原因は?


その原因は

・雑菌の繁殖とゴム独特の臭い

です。

人は手汗を掻きますよね。私なんて超汗かきなので、その手汗の量は半端ないですけどね(^^; だけど、実はそんな汗自体には臭いがありません。ですがその汗や皮脂、垢などを雑菌が餌として繁殖し、くさい臭いを発生させてしまいます。


そして密封性の高いゴム手袋をはめることで蒸れてしまい、汗の量も多くなります。そうなると当然雑菌の大量発生に繫がり、それがあのゴム独特の臭いと混ざり合って、鼻も曲がりそうな悪臭の誕生になってしまうのです。


とそんな原因がわかったとこで、早速

  • ゴム手袋の中の臭い
  • 手についた臭い

の消し方を順番に見ていきましょう。

ゴム手袋の中の臭いの消し方


今回臭いを消すゴム手袋は、先ほど風呂掃除に使ったものの他に、私の会社で日頃から使っているトイレ掃除とキッチン用です。会社から持ってきたこの2組もかなりの悪臭を放っていましたよ~(^^;

こちらがその3組のゴム手袋です。
 ↓            ↓
臭いのついたゴム手袋

そしてその悪臭に対して、私の臭い消しグッズの中から選んで使ったのは、

  • 酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)
  • 重曹
  • 中性洗剤+柔軟剤

の4点です。

どれが一番効果があるかと作業をおこなったのですが、微妙な差で酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)の勝ちでした。だからその酸素系漂白剤での消し方から見ていきましょう。

酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)での消し方


液体より粉末タイプのが強力と分かっているので、粉末であるオキシウォッシュはピッタリだと思ったのです。

オキシウォッシュ

私は100均で買いましたが、amazonや楽天からでも購入できますよ。
 ↓            ↓



<準備する物>
  • 漂白剤(オキシウォッシュ)
  • 洗面器
  • ぬるま湯(約40℃)
  • 真水


注意する事:敏感肌の方はゴム手袋を使用しましょう。


①ゴム手袋をひっくり返し、真水でよく濯ぎます。
 ↓            ↓
ゴム手袋をひっくり返して真水で洗う

②洗面器にぬるま湯をたっぷり溜めます。
 ↓            ↓
洗面器にぬるま湯を溜める

③ぬるま湯に酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)を大さじ2杯加えてよくかき混ぜます。
 ↓            ↓
ぬるま湯に酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)を大さじ2杯加える

④ゴム手袋をひっくり返したまま③の洗面器の中に浸けこみます。内側に水を入れてなるべく浮いてこないようにしましょう。
 ↓            ↓
酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)を加えたぬるま湯が入っている洗面器にゴム手袋を入れる

⑤そのまま1時間~2時間ほど放置します。臭いの落ち方によっては延長。
 ↓            ↓
酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)を加えたぬるま湯の中にゴム手袋を浸けこむ

⑥時間が経過したらゴム手袋を真水でよく濯ぎます。
 ↓            ↓
ゴム手袋を濯ぐ

⑦風がよく通る場所でピッチハンガーなどに吊るして乾かせば完成です。
 ↓            ↓
ゴム手袋を干す


1時間の浸け込みをした段階では、若干臭いが残ってるように感じたのです。だからもう1時間延長したところ、臭いが気にならなくなりましたね。

そして干して乾かした後は臭いは完璧に消えていましたよ~^^


重曹での消し方


いつも頼りになるこの重曹が、あの強烈な臭いにどう立ち向かってくれるかわくわくしながら使ってみました。
 ↓            ↓
重曹


<準備する物>
  • 重曹
  • 洗面器
  • ぬるま湯(約40℃)
  • 真水


注意する事:敏感肌の方はゴム手袋を使用しましょう。


①ゴム手袋をひっくり返し、真水でよく濯ぎます。
 ↓            ↓
ゴム手袋をひっくり返して真水で洗う

②洗面器にぬるま湯をたっぷり溜めます。
 ↓            ↓
洗面器にぬるま湯を溜める

③ぬるま湯に重曹を大さじ2杯加えてよくかき混ぜます。
 ↓            ↓
ぬるま湯に重曹を大さじ2杯加える

④ゴム手袋を③の洗面器の中に浸け込みます。内側に水を入れてなるべく浮いてこないようにしましょう。
 ↓            ↓
重曹を加えたぬるま湯が溜まっている洗面器の中にゴム手袋を入れる

⑤そのまま1時間~2時間ほど放置します。臭いの落ち方によっては延長。
 ↓            ↓
重曹を加えたぬるま湯にゴム手袋を浸け込む

⑥時間が経過したならゴム手袋を真水でよく濯ぎます。
 ↓            ↓
ゴム手袋を真水で濯ぐ

⑦時間が経過したら風がよく通る場所でピッチハンガーなどに吊るして乾かせば完成です。
 ↓            ↓
ゴム手袋を干す


酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)と比べると若干臭いが残っいる感がありました。

ただ今回、浸け込み時間を酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)と同じく2時間で切り上げてしまいました。だからその時間をさらに延長していれば完璧に消せていたかもしれませんね。



中性洗剤+柔軟剤での消し方


キッチンや洗濯でいつも使っているものでOKですよ~。

中性洗剤と柔軟剤


<準備する物>
  • 中性洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗面器
  • ぬるま湯(約40℃)
  • 真水


注意する事:敏感肌の方はゴム手袋を使用しましょう。


①ゴム手袋をひっくり返し、真水でよく濯ぎます。
 ↓            ↓
ゴム手袋をひっくり返して真水で洗う

②ゴム手袋に中性洗剤を拭きかけます。
 ↓            ↓
ゴム手袋に中性洗剤を拭きかける

③中性洗剤を拭き終えたらよく揉み洗いします。
 ↓            ↓
中性洗剤を拭きかけたゴム手袋を洗う

④真水で中性洗剤をよく濯ぎ落とします。
 ↓            ↓
ゴム手袋を真水で濯ぐ

⑤洗面器にぬるま湯を溜めます。
 ↓            ↓
洗面器にぬるま湯を溜める

⑥洗面器のぬるま湯に柔軟剤をキャップ1杯入れてよくかき混ぜます。
 ↓            ↓
ぬるま湯に柔軟剤を加える

⑦ゴム手袋を⑥の洗面器の中に入れます。内側に水を入れてなるべく浮いてこないようにしましょう。
 ↓            ↓
柔軟剤を加えたぬるま湯の中にゴム手袋を入れる

⑧そのまま1時間~2時間ほど浸けおきします。臭いの落ち方によっては延長。
 ↓            ↓
柔軟剤を加えたぬるま湯の中でゴム手袋を浸けおきする

⑨時間が経過したら風がよく通る場所でピッチハンガーなどに吊るして乾かせば完成です。
 ↓            ↓
ゴム手袋を干す


柔軟剤の良い香りがしてなかなかの仕上がりでしたよ。ただ臭いの元を完璧に消せていなかったようで、少し時間が経つと臭いが戻ってきているようにも感じてしまいました。




では次に、ゴム手袋の臭いが手についた場合の消し方を見ていきましょう。


手についたときの臭いの消し方


私も臭いがついた手を鼻に近づけたときは、悪臭の凄さにビックリでした。

そしてその悪臭を簡単に消せる方法はと思い、いろいろ試してみると、

  • 柑橘類
  • サラダ油
  • 歯磨き粉
  • お茶の出がらし
  • コーヒーカス

で効果を感じることができました。

柑橘類で手の臭いを消す


我が家では以前から柑橘類の果物の皮を消臭グッズとして使い、トイレや下駄箱中などには必ず置いています。

だから手についた臭いにも、きっと効果があると思い試してみたら大正解でした^^


<やり方>
 
①柑橘類の皮を手で強く握り汁を絞り出します。
 ↓            ↓
柑橘類の皮を手のひらにのせる

②そのまま皮を手の中でよく揉みほぐします。
 ↓            ↓
柑橘類の皮を握り揉みほぐす

③皮を捨てて石鹸で手を洗えばOKです。
 ↓            ↓
石鹸で手を洗う

サラダ油で手の臭いを消す


灯油を手につけたときに試したことがあります。だからやってみたら効果はバッチリでしたよ。


<やり方>

①サラダ油を小さじ1杯ほどを手のひらにのせます。
 ↓            ↓
サラダ油を手のひらにのせる

②そのまま手をこすりながら、よく揉みほぐします。
 ↓            ↓
サラダ油を手で揉みほぐす

③しばらくしたら石鹸で手を洗えばOKです。
 ↓            ↓
石鹸で手を洗う

歯磨き粉で手の臭いを消す


歯磨き粉にも消臭成分が使われているので、試してみたらこちらも効果を感じられました。


<やり方>

①手のひらに歯磨き粉を1㎝ほど出します。
 ↓            ↓
手のひらに歯磨き粉をのせる

②そのまま握りしめて手の中でよく揉みほぐします。
 ↓            ↓
歯磨き粉を握りよく揉みほぐす

③しばらくして石鹸で手を洗えばOKです。
 ↓            ↓
石鹸で手を洗う

お茶の出がらしで手の臭いを消す


お茶っ葉の出がらしは、バッグの臭い消しなどに使ったことがありますが、今回手の臭いにも効果がありました。


<やり方>

①お茶の出がらしを手のひらにのせます出がらしは冷ましてから使いましょう。
 ↓            ↓
お茶の出がらしを手のひらにのせる

②そのまま握りしめて手の中でよく揉みほぐします。
 ↓            ↓
お茶の出がらしを握り揉みほぐす

③しばらくして石鹸で手を洗えばOKです。
 ↓            ↓
石鹸で手を洗う

コーヒーカスで臭いを消す


消臭効果があるコーヒーカスも効果はバッチリでした^^


<やり方>

①ドリップコーヒーを入れたあとのカスを手のひらにのせます。
 ↓            ↓
手のひらにコーヒーカスをのせる

②そのまま握りしめて手の中でよく揉みほぐします。
 ↓            ↓
コーヒーカスを握りよく揉みほぐす

③しばらくして石鹸で手を洗えばOKです。
 ↓            ↓
石鹸で手を洗う


以上がゴム手袋の中と手についた臭いの取り方でした。では次に、ちょとした工夫でゴム手袋の中を臭くさせにくくする方法をお伝えしますね。

ゴム手袋の中に悪臭を発生させない方法は?


その方法は、手袋の2枚重ねです。ただゴム手袋を2枚はめるわけではなく、1枚目に綿の手袋をはめてから2枚目にゴム手袋をはめましょう。

これにより手汗は、綿素材の手袋が吸収してくれます。そして、そのおかげでゴム手袋の中には汗が溜まらなくなり、臭いがしたとしても鼻を背けてしまうような悪臭にはならなくなります。


あと手汗を掻きにくくするために、シッカロールや制汗剤を手のひらに塗るのもおすすめ。実際こちらの2つを使って脇汗の対策に成功していますよ⇒Tシャツの6つの脇汗防止策!徹底比較したら驚いた!


それと、妻が現在使ったあとに毎回中性洗剤で軽く洗って濯ぎ、一晩干すようにしています。それでも臭いがつきにくくなっているようですよ~^^


実は今回臭いを消したゴム手袋の1組を、風で飛ばし紛失してしまいました。慌ててダイソーに買いに行ったのですが、その種類の多さにちょっとビックリしましたね。

そんなダイソーのゴム手袋をこちらの記事で紹介しています⇒ダイソーのゴム手袋!使い捨ても含め全てを徹底検証したよ





まとめ


手の肌が丈夫な私には、今までゴム手袋をはめる機会があまりありませんでした。だからゴム手袋の中のあの悪臭や、手につく嫌な臭いも気がつきませんでしたね(^^;

でも今回妻の一言もあり、その臭いを経験することができ、また臭いの消し方にも貢献できたのはよかったです。

ではもう一度おさらいをしておきます。

ゴム手袋の中の臭いを消すなら、

  • 酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)
  • 重曹
  • 中性洗剤+柔軟剤

がおすすめ。中でも、酸素系漂白剤(オキシウォッシュ)が一番効果を感じられました。

そして手についた臭いを消すには、

  • 柑橘類
  • サラダ油
  • 歯磨き粉
  • お茶の出がらし
  • コーヒーカス

のどれかを使えばOKです。でも私的には、柑橘類が一番消臭効果があるように思いますよ~^^


今回も記事をお読み頂きありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)