ダイソーのゴム手袋!100均でも使い捨てを含め検証したら凄かった

つい先日、妻からゴム手袋の臭いを何とかしてほしいと頼まれたこともあり、3組のゴム手袋の臭い消しの作業をおこないました。

結果は見事に成功したのですが、洗って干してあった1組が風で飛ばされてしまい、紛失してしまったのです。だからドラッグストアで買おうと出かけたのですが、1,000円近くもするんですよね~。

正直、

え!ゴム手袋ってこんなんに高いの~?

て思ってしまいました。


そして、もしかして100均にあるかもしれないと閃き、我が家の近くのダイソーに走り込むことに。するとそこには、使い捨ても含めていろいろな種類があるではないですか^^ 

それで、どれを買おうかと迷ったのですが、ドラッグストアで買ったと思えば全部の種類が買えちゃうんですよね~。


だから「100円で買えるゴム手袋ってどんな感じなのか?」と思ったこともあり、結局全部買っちゃいました^^


ということで今回は、ダイソーで買ってきたゴム手袋についてお届けいたしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイソーで買ってきたゴム手袋を紹介するよ


ダイソーの店内に入って、ゴム手袋はどこかと探して見つけたのがこちらの売り場。
 ↓            ↓
ダイソー店内のゴム手袋売り場

こんなにたくさんの種類があるんだと、ちょっとビックリです。ただよく見ると、S.M.Lとサイズがあるので種類的には限られていましたね。

とはいえ、種類別に買っても、

  • 中厚手
  • うす手(油・薬品に強い)
  • うす手(裏毛なし)
  • 極うす(衛生的な使い切り)
  • 伸びが良い(使い切り)
  • うす手(使い切り)
  • 手袋型
  • 袖付き

8種類のタイプになってしまいました~(^^;

ダイソーで買った8種類のゴム手袋

あと、購入したサイズですが、フリー以外は私の手に合わせてMサイズにしておきましたよ。ちなみに金額は全種類100円(税込110円)でした。

ではその8種類を実際にはめて使ってみましたので、感想なども含めて詳細を順番に説明していきますね。

<1>中厚手タイプは裏毛つきでとても丈夫


ダイソーの中厚手のゴム手袋  ↑            ↑
風で飛ばして紛失したのと1番近いタイプです。

サイズは以下の画像の通り「全長30㎝・手のひらまわり20㎝・中指の長さ7.8㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーの中厚手ゴム手袋のサイズ表記

特徴としては、着脱しやすくて裏毛つき。そして柔らかくてすべり止めも付いているので使いやすいことです。

そしてはめてみるとこんな感じ。
 ↓            ↓
ダイソーの中厚手ゴム手袋をはめた様子


私のけっして大きくない手には、このMサイズがピッタリだと感じました。そして手全体にもフィットし、すべり止めもついているおかげで、皿やコップなども安心して掴むことができましたね。

だから食器洗いなどにはおすすめですよ。そしてこのクオリティで100円は凄いです。


ちなにMサイズ以外の詳細は以下の通り。

■Sサイズ
  • 全長:30㎝
  • 手のひらまわり:19.2㎝
  • 中指の長さ:7㎝

■Lのサイズ
  • 全長:30㎝
  • 手のひらまわり:20.8㎝
  • 中指の長さ:8.6㎝

<2>うす手(油・薬品に強い)タイプは丈夫でやぶれにくい


ダイソーのうす手のゴム手袋

サイズは以下の画像の表示通り「全長30㎝・手のひらまわり20.2㎝・中指の長さ7.5㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーのうす手ゴム手袋のサイズ表記

特徴としては、指先にフィットして着脱しやすい。そして何と言っても油や薬品に強い素材(ニトリル)を使用していることです。

ちなみニトリルをWikipediaで調べると、

ニトリルゴム (nitrile rubber) は主要な合成ゴムの1つであり、アクリロニトリルと 1,3-ブタジエンとの共重合体である。NBRとも呼ばれる。
耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に比較的優れるが、耐オゾン性や耐寒性が他のゴムより劣る。Oリングやガスケット等のシール材、また使い捨て手袋の材料として良く用いられる。

引用元:Wikipedia


となっていました。熱にも強く、引き裂き強度にも優れているんですね。

そして実際にはめてみるとこんな感じ。
 ↓            ↓
ダイソーのうす手ゴム手袋をはめた様子


丈夫な素材を使っているせいか、先程の厚手タイプよりごわごわと硬さが感じられます。ただそれが薬品などを触っても安心なんだろうなと思うことができますね。

だから強い洗剤などで何かを洗うときには必需品ですね。あと使いかってもいいですし、着脱も問題ないですよ。



こちらもMサイズ以外の詳細は以下の通りです。

■Sサイズ
  • 全長:30㎝
  • 手のひらまわり:18.7㎝
  • 中指の長さ:7.3㎝

■Lサイズ
  • 全長:30㎝
  • 手のひらまわり:22.1㎝
  • 中指の長さ:8㎝

<3>うす手(裏毛なし)タイプは衛生的に洗えるよ


ダイソーのうす手ゴム手袋裏毛なし

サイズは以下の通りで「全長30㎝・手のひらまわり20.2㎝・中指の長さ7.6㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーのうす手ゴム手袋裏毛なしのサイズ表記

特徴は指先にフィットしクロリネーション加工をしているので、着脱がスムーズでグリップ性にも優れていることです。

そして実際にはめるとこんな感じです。
 ↓            ↓
ダイソーのうす手ゴム手袋裏毛なしをはめた様子


触った感からして厚手のものとは違うと思いました。実際はめてみると、写真でもお分かりのように5本の指も含めて手のひら全体にフィットします。

細かいものを掴むときなどはおすすめですね。それに、着脱も非常にスムーズでしたよ。



他のサイズの詳細は以下の通り。

Sサイズ
  • 全長30㎝
  • 手のひらまわり:19.2㎝
  • 中指の長さ:7.2㎝

Lサイズ
  • 全長:30㎝
  • 手のひらまわり:22.4㎝
  • 中指の長さ:8.6㎝

<4>極うす(衛生的な使い切り)タイプは手にピッタリ指先フィット


ダイソーの極うす手ゴム手袋使い切

サイズは以下の通りで「全長23㎝・手のひらまわり19㎝・中指の長さ7.7㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーの極うすゴム手袋のサイズ表記

特徴は天然ゴムで、はめていても素手のような感覚。そしてピッタリとフィットし、脱着もスムーズにできることです。


指先のフィット感は完璧ですね。今まさにはめながらキーボードをたたいていますが、全く問題がありませんよ。

だから細かい作業をする場合などにはピッタリなゴム手袋だと思いますね。使い切りなのですが、捨てるのが勿体ないほどです^^



こちらはLLサイズまであるので、でかい手の人も安心ですよ^^

■Sサイズ
  • 全長:23㎝
  • 手のひらまわり:16.6㎝
  • 中指の長さ:7.6㎝

■Lサイズ
  • 全長:23㎝
  • 手のひらまわり:21.2㎝
  • 中指の長さ:7.7㎝

■LLサイズ
  • 全長:23㎝
  • 手のひらまわり:23.2㎝
  • 中指の長さ:8.4㎝

<5>伸びが良い(使い切り)タイプはやぶれにくい


ダイソーの伸びの良いゴム手袋

サイズは以下の通りのフリーサイズで「全長24㎝・手のひらまわり22㎝・中指の長さ7.5㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーの伸びの良いゴム手袋のサイズ表記

特徴は伸びやすくてやぶれにくい。手にフィットし、エンボス加工で着脱もスムーズとなっています。

実際にはめるとこんな感じですよ。
 ↓            ↓
ダイソーの伸びの良いゴム手袋をはめた様子

自分が不器用なせいだと思うのですが、はめるときに手間取りました。伸びやすくて丈夫ともあったので、思い切り引っ張ったらやぶれてしまいました(^^; やぶれにくいとあっても限度がありますね。

だから2枚目は反省も含めてチャレンジしたら、上手にはめることができましたよ。そしてフィット感もあり使いやすいです。

換気扇などの油汚れ落としには活躍間違いなしですね。



<6>うす手(使い切り)タイプは10枚増量


ダイソーの使い切りうす手タイプのゴム手袋

サイズは以下の通りのフリーサイズで「全長27㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーの使い捨てタイプのゴム手袋のサイズ表記

特徴は内側にエンボス(凹凸)加工で、脱着もしやすいことですよ。

で実際にはめるとこんな感じ。
 ↓            ↓
ダイソーの使い切りタイプのゴム手袋をはめた様子


フリーサイズということもあり、私のような小さい手では使いにくいですね。先ほどの極うすタイプのように、キーボードをたたくのは完全に無理。

ただ確かに、髪を染めるときや料理の最中に何かを混ぜるとき、ちょっと衛生的に悪い物などを掴むときなどには便利ですね。

100円という安さと、100枚+10枚の多さだから気軽に使い捨てできますよね。



<7>手袋型タイプはつかんでひっくり返すだけで超便利


ダイソーの手袋型のゴム手袋

サイズは以下の通りのフリーサイズで「全長約33㎝・幅約19.5㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーの手袋型タイプのゴム手袋

特徴はつかんでひっくり返すだけで、簡単にゴミを捨てられるとこ。それと、手袋型なので指が使えてつかみやすく、焼却しても有毒ガスが発生しないことですね。

実際にはめるとこんな感じです。
 ↓            ↓
ダイソーの手袋型ゴム手袋をはめた様子


ちょっと私の手のサイズには大きかったですね。あと、あくまでも個人的な感想ですが、あの真黒な色に不気味さを感じてしまいました(^^; 

でも汚物などを処理するときには、黒い色の方がなんとなくいいような気もしますね。それに、犬の散歩の糞の始末などはくるっとひっくり返して捨てられるので便利だと思いますよ。



<8>袖付きタイプは服の濡れに安心な超ロング


ダイソーの袖付きタイプのゴム手袋

サイズは以下の通りのフリーサイズで「全長39.5㎝・手のひらまわり20.4㎝・中指の長さ7.5㎝」です。
 ↓            ↓
ダイソーの袖付きタイプのサイズ表記

特徴は腕が濡れにくく、着脱もスムーズにできてお洒落なとこです。


見た目からして高価な感じがします。でも、フリーサイズなのでしょうがないのですが、Mサイズの私にしては指先がすこしあまってしまいました。

たださすがに袖付きのロングだけあって、腕が濡れてしまうことはないですね。車のホイールを洗う時にも最高だと思うので使ってみます。しかし100円は安いですね~。





まとめ


ダイソーで売っているゴム手袋を買い集め、紹介させていただきました^^ 100均のダイソーで売っているだろうとは思いましたが、これだけの種類があるとは思いませんでしたね。

もしゴム手袋が必要になったときは、ぜひダイソーを覗いてみてください^^

ではも一度おさらいをしておきます。

今回紹介したダイソーのゴム手袋は、
  • 中厚手
  • うす手(油・薬品に強い)
  • うす手(裏毛なし)
  • 極うす(衛生的な使い切り)
  • 伸びが良い(使い切り)
  • うす手(使い切り)
  • 手袋型
  • 袖付き
の8種類でした。

あと個人的には、極うす(衛生的な使い切り)タイプが1番使いやすかったですよ~^^


今回も記事をお読み頂きありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)