仁川空港から明洞のバスや他の行き方!所要時間を含め全部紹介するよ

韓国にはもう何十回と訪れているので、市内での移動などは安心してできるようになりました。ただはじめの頃は、どの交通機関を使うにもドキドキの連続でしたね~(^^;

とくに2回目の訪韓のときに、1人で仁川空港から明洞までバスでの移動は超緊張です。言葉も全然わからないし、韓国のバス自体がはじめての経験。

だから走るバスの車窓をながめながら「本当にちゃんと明洞まで行けるのかなぁ~」と心細く座っていたのを思い出します。

まあ、そんな経験などがあったから、今では仁川空港から明洞までも含め、市内どこにでも簡単に移動できるようになったんですけどね。


ということで今回は、仁川空港から明洞まで、私が実際使ったことがあるバスや電車、タクシーでのアクセス方法を分かりやすくお伝えしますね。記事内の運賃などは記事作成時のレートで計算しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仁川空港から明洞までのアクセス方法


さてそのアクセス方法ですが、仁川空港には第2と第1の二つのターミナルがあります。今回はそのどちらからでも分かるように説明していきますね。

まず仁川空港と明洞がどれくらい離れているかをこちらの地図で確認です。
 ↓            ↓


①が第1と第2ターミナルがある仁川空港で②が明洞です。パッと見てわかりますが、大きな漢江を超えて行くことになりますね。そして上の地図上で直線距離を測ると約50㎞ありました。

では

  • バス
  • 電車
  • タクシー

のアクセス方法を順番にお伝えしていきます。

ただ、先に運賃や所要時間が比較できる方がいいと思い、以下に表を作りました。あとからも詳しく紹介しますが、取りあえず目を通してみてくださいね。
 ↓            ↓
第2ターミナル~運賃所要時間第1ターミナル~運賃所要時間
バス15,000w(約1,500円)※T-moneyで10%程の割引有約90分バス15,000w(約1,500円)※T-moneyで10%程の割引有約90分
電車:直通列車9,000w(約900円)※T-money:割引なし約60分電車:直通列車9,000w(約900円)※T-money:割引なし約54分
電車:一般列車4,850w(約485円)※T-money:4,750w(約475円)約76分電車:一般列車4,250w(約425円)※T-money:4,150w(約415円)約70分
タクシー49,100w(約4,910円)約80分タクシー49,100w(約4,910円)約80分


T-moneyとは日本の「Suica」や「PASMO」の様な交通ICカードです。バスや電車などの料金が割引されますよ。駅にある販売機やコンビニで購入ができます。


ではバスの行き方から順番に見ていきましょう。

バスでは乗り換えなしで明洞まで行けちゃいます


はじめて利用したときは本当に緊張してしまいましたが、覚えてしまえば超簡単。それに乗換もないので明洞まで迷うこともありません。

あと大きな荷物がある場合は目的地の近くまで行けるので助かりますよね^^

でそのバスも一般車両と高級車両の2種類があるのですが、仁川空港から明洞までは「6001番」か「6015番」の高級リムジンを利用します。


6015番の車内がツイッター画像にありましたのでお借りしました。
 ↓            ↓

やはり広くて高級感がありますよね^^


そしてバス停留所の場所ですが、第2ターミナルは1階到着ロビーから地下1階に降りて外に出た場所。第1ターミナルは1階到着ロビーから外に出た場所にあり、停留所番号は、


■第2ターミナル

  • 6001番:29番
  • 6015番:28番


■第1ターミナル
  • 6001番:5B番
  • 6015番:5B番

で、運行間隔はそれぞれ約10~20分です。


そしてどちらのバスも第2ターミナルから第1ターミナルに向かい、明洞がある市内へと出発して第2ターミナルへ戻ってきます。

その主な経由地は、

■6001番

ソウル駅、東大門歴史文化公園駅、忠武路(チュンムロ)駅、明洞入口駅、東横イン東大門など

■6015番

孔徳(コンドク)駅、ソウル駅、南大門市場、イビスアンバサダー明洞明洞駅など

となっています。

だから明洞で下車する停留所は、6001番の場合は明洞入口駅停留所。6015番はイビスアンバサダー明洞停留所明洞駅停留所ですね。


■乗車から下車までの手順券方法は・・

  1. 停留所近辺の窓口か自動券売機で乗車券を購入(T-moneyはコンビニか専用販売機で)   
  2. バスの乗り場番号に向かう(乗車券にも記載されています)
  3. 荷物を預ける(係員に預けて引換券を受け取ります。なくさないように要注意)
  4. 下車するときはブザーをならす。
  5. 荷物を受け取る(運転手に引換券を渡して預けていた荷物をもらう)

でOKですよ^^

リムジンバスを利用する模様の動画がありましのでお借りしました。
 ↓            ↓

動画の中にもありましたが下車するときにはあんな感じで引換券を渡して荷物を受け取りましょうね^^


あと大ざっぱになりますが、明洞までのルートだけを以下の地図上に示しておきました。

6001番のルート:①が仁川空港で②が明洞入口駅停留所です。
 ↓            ↓



6015番のルート:①が仁川空港で②がイビスアンバサダー明洞停留所。③が明洞駅停留所です。
 ↓            ↓



そして以上のルートでどちらも

  • 運賃:15,000w(約1,500円)T-money:10%ほどの割引有
  • 時間:約90分

子供料金:11,000w(約1,100円):6歳から小学生までが対象

で明洞まで行くことができます。

ただし、時間の方は交通状況によっては遅れる可能性があります。


私が数回利用しての経験ですが、一度夕方のラッシュ時にはまり40分ほど到着が遅れたことがあります。

ですが、昼前後に利用したときは時間にほぼ正確に到着できていましたよ。

だからあくまで参考ですが、バスでの移動はその時間帯を目安にするのがいいかもしれませんね。



あと始発と最終の時間を空港リムジンのホームページで調べると以下の通りでした。2019年12月現在
 ↓            ↓
6001番第2ターミナル第1ターミナル6015番第2ターミナル第1ターミナル
平日始発:05:30
最終:22:45
始発:05:30
最終:23:05
平日始発:05:25
最終:22:55
始発:05:45
最終:23:15
土日祭日始発:05:55
最終:22:45
始発:05:40
最終:23:05
土日祭日始発:05:45
最終22:55
始発:06:05
最終:23:15
明洞入口停留所イビス明洞停留所明洞駅停留所
始発:04:45
最終:20:16
始発:04:20
最終:20:00
始発:04:35
最終:20:15

市内から空港に向かう時間帯は平日も日曜祭日も同じようです。

スポンサーリンク


電車なら明洞まで時間に正確に行けちゃいます


仁川空港からの電車は、直通列車一般列車の2種類がある「空港鉄道 A・REX」を利用します。そしてソウル駅で地下鉄4号線に乗換て明洞駅に向かうルートです。


ただ2種類の列車には停車駅や時間などに違いがあり、

■直通列車

仁川空港第2ターミナル駅
 ↓
仁川空港第1ターミナル駅
 ↓
ソウル駅(地下鉄4号線に乗換
 ↓
会賢(フェヒョン)駅
 ↓
明洞駅

のルートで

★<第2ターミナル出発時>

  • 運賃:9,000w(約900円)
  • 時間:約60分(仁川空港からソウル駅までは51分)

子供料金:満6歳以上から満13歳未満は7,000w(約700円)。満6歳未満は無料


★<第1ターミナル出発時>

  • 運賃:9,000w(約900円)
  • 時間:約54分(仁川空港からソウル駅までは43分)

子供料金:満6歳以上から満13歳未満は7,000w(約700円)。満6歳未満は無料


■一般列車

仁川空港第2ターミナル駅
 ↓
仁川空港第1ターミナル駅
 ↓
空港貨物庁舎駅
 ↓
雲西(ウンソ)駅
 ↓
永宗(ヨンジョン)駅
 ↓
青蘿(チョンナ)国際都市駅
 ↓
黔岩(コマム)駅
 ↓
桂陽(ケヤン)駅
 ↓
金浦国際空港駅
 ↓
麻谷(マゴク)ナル駅
 ↓
デジタルメディアシティ駅
 ↓
弘大入口(ホンデイック)駅
 ↓
孔徳(コンドッ)駅
 ↓
ソウル駅(地下鉄4号線に乗換
 ↓
会賢(フェヒョン)駅
 ↓
明洞駅

のルートで

★<第2ターミナル出発時>

  • 運賃4,850w(約485円)T-money:4,750w(約475円)
  • 時間:約76分(仁川空港からソウル駅までは66分)

子供料金:満6歳未満は無料(保護者1名に対し3名まで)


★<第1ターミナル出発時>

  • 運賃4,250w(約425円)T-money:4,150w(約145円)
  • 時間:約70分(仁川空港からソウル駅までは59分)

子供料金:満6歳未満は無料(保護者1名に対し3名まで)


約10分ほど直通列車の方が早く到着する感じですね。でも、料金的には約400円ほどの差。だったら貧乏性の私としては、とくべつ急いでいなければ一般列車を使ってちやいますね。ちなみに一般列車しか使ったことがないですが・・・(^^;


だからその辺りを吟味して選ばれるのがおすすめですね。



空港列車の始発と最終の時刻表はこちらです。2019年12月現在
 ↓            ↓
出発駅直通列車一般列車
第2ターミナル始発 05:15
最終 22:40
始発 05:18
最終 23:32
第1ターミナル始発 05:23
最終 22:48
始発:05:25
最終:23:39


さてその空港鉄道の乗り方ですが、第2も第1も到着ロビーに着くと電車マークの案内板があるのでそれに沿って向かいましょう。

ちなみにこちらは第2ターミナルの案内板。
 ↓            ↓
空港鉄道の案内板

案内板に沿ってエスカレーターで地下1階に降ります。
 ↓            ↓
エスカレーターで地下に降りる

フードコートなどを眺めながら進んで行きます。
 ↓            ↓
地下のフードコート

すると空港鉄道の場所(交通センター)に着くので自販機で切符を購入しましょう。
 ↓            ↓
空港列車の乗車券を購入

あとは改札を通り列車に乗車すればOKです。一般列車ブルー改札・直通列車オレンジ改札
 ↓            ↓
一般列車の改札口

こちらには第1ターミナルの空港鉄道に向かう様子が画像付きで詳しく書いてあります。それと、もし次回江南へ行かれる予定があるなら必読ですよ~^^
 ↓            ↓
仁川空港から江南への行き方!時間と料金を比較してのおすすめは
初めて韓国旅行に出かけた場合は、明洞や東大門、南大門辺りで遊ばれる事が多いと思います。 しかし、漢江を渡った狎鴎亭や新沙がある江南区も...

タクシーなら迷うことなく明洞まで行けちゃいます


明洞までお願い!」と伝えれば、あとは到着するまで座っているだけ。道中は寝ててもいいですし、街並みを楽しく眺めながら移動ができます。


もちろん荷物があっても便利ですし、雨降りなどでも本当に助かってしまいます。そんなタクシーですが、第1も第2もタクシー乗り場から乗車して明洞へ向かいましょう。

ただタクシーも種類があり、「一般」と「模範」、「ジャンボ」の3つに分けられます。一般は初乗りが3800w。模範、ジャンボは6,500wとかなり差があります。

だから私は、いつも一般タクシーの利用をしていますが、ほとんど毎回、

  • 運賃:約49,100w(約4,910円)別途6,600wの高速料金が必要
  • 時間:70分
24:00から04:00は深夜割増20%適用。

で明洞まで行くことができています。もし模範かジャンボを利用したとしたら時間は変わらないと思いますが、運賃は倍近くになるはずですよ(^^;


そしてタクシー乗り場は第1も第2も1階到着ロビーの外にあり、それぞれの乗り場番号は、


■第2ターミナル
  • 一般:5C、4D、3C、3D
  • 模範/ジャンボ:5D


■第1ターミナル
  • 一般:5C、6C、6D
  • 模範/ジャンボ:7C,8C

    となっています。2019年12月現在


    あとこちらの記事にはタクシーを安全に利用する方法。それと、3種類のタクシーの特徴なども書いてありますので覗いてみてください。
     ↓            ↓
    韓国タクシーを安全に利用する方法を伝授!初心者もこれで安心だよ
    明日から初めて韓国旅行に行く初心者だけれど心配なのがタクシー。 言葉が通じないから安全に利用できるかとても心配。 それと、タクシーを...

    あとここ最近、お値打ち価格での韓国旅行も増え、LCCなどの格安航空会社の便が深夜に仁川空港に到着なんてこともあります。

    私もそのお値打ち価格に魅力を感じ、一度LCCを使ってみたいと思っています。ただ、そこで気になるのが深夜に着いた場合の対処法です。はたして明洞までの交通手段が、あるのかないのかも気になりますよね。


    だからその辺りを今後の為に調べてみましたよ~。



    仁川空港に深夜に到着!その場合はどうするの?


    調べてみてわかったのが、

    • 深夜割増料金を払いタクシーでの移動
    • 深夜リムジンバスでの移動
    • 空港内で過ごし始発での移動

    方法です。

    深夜割増料金を払いタクシーでの移動


    タクシーなら先ほどタクシーの章で記載した、20%割増料金で明洞まで行くことはできます。だから第1も第2も、ターミナルのタクシー乗り場から乗車し、明洞までと伝えればOKです。

    ただ、運賃は約60,000w(約6,000円)ほどは掛かるはず。と考えると、ちょっともったいない気もしますよね(^^; 

    それに女性だったら、深夜に1人でタクシーを使うのは心細いかもしれません。そんなことを思い調べてみると・・・

    深夜リムジンバスでの移動


    深夜00:00以降にソウル駅まで行くリムジンバスがあることがわかりました。そのバスは、第2ターミナル発N6002番と、第1ターミナル発N6001番深夜リムジンバスです。

    ちなみにこちらが2車両の出発時間とソウル駅到着予定時間。2019年12月現在
     ↓            ↓
    N6002番第2ターミナル出発時間ソウル駅到着予定時間
    01:2002:30
    04:4005:50

    N6001番第1ターミナル出発時間ソウル駅到着予定時間
    00:1501:25
    01:0502:15
    02:0003:10
    02:5504:05
    03:4504:55
    04:4005:50


    そして、

    ★第2ターミナル発のN6002番

    地下1階の25番乗り場から乗車。

    それで、

    ・第2ターミナル⇒仁川空港第1ターミナル(降車のみ)⇒松亭駅(ソンジョン)⇒塩倉駅(ヨムチャン)⇒ソウル駅

    のルートで、

    • 運賃:9,000w(約900円)
    • 時間:約70分

    子供料金:7,500w(約750円)


    ★第1ターミナル発のN6001番

    1階6A-4乗り場から乗車。

    ・第1ターミナル⇒松亭駅(ソンジョン)⇒塩倉駅(ヨムチャン)⇒ソウル駅

    のルートで、

    • 運賃:9,000w(約900円)
    • 時間:約70分

    子供料金:7,500w(約750円)

    で行くことができますよ~。


    実際、深夜01:00に仁川空港に到着して深夜バスでソウル駅に向かう様子の動画がありましたのでお借りしました^^
     ↓            ↓



    ただ、ソウル駅から明洞まで行く地下鉄4号線の最終が、平日:00:48で土日23:15です(2019年12月現在)。だから明洞まではタクシーか徒歩になってしまいますね。


    タクシーの場合は、ソウル駅から明洞までは約4,200w(約420円)です。それに割増料金20%足すことになります。あと、歩くとなると、その距離は約1.5㎞。私も昼間に歩いたことがありますが、その時間は約20分ほどでしたよ。

    ちななみに実際に私が歩いたおすすめルートはこちらに紹介しています。 
    ↓            ↓
    ソウル駅から明洞までの徒歩ルート!その他のアクセス方法も大特集
    韓国にはもう何十回と行っているので、市内などでのアクセス方法ではほとんど迷うことがなくなっています。 ですが初めの頃は、大失敗の繰り返...

    あと、空港内に1泊してから始発の電車かバスで行くのもいいかもしれませんよ~。



    空港内で過ごし始発での移動


    ちょっとお金はかかりますが、仁川空港内には快適に泊まれるカプセルホテルがあることがわかりました。

    ■カプセルホテル:ダラク・ヒュ(DARAKHYU)


    私も日本では、出張先でよく使いますが、仁川空港内にカプセルホテルがあるとはビックリです^^

    そのカプセルホテルの「ダラク・ヒュ(DARAKHYU)」の場所は、第1ターミナルは1階交通センターの中央。第2ターミナルは地下1階東側のバス乗車券売り場近くです。


    ツイッターを覗くと画像がありましたのでお借りしました。
     ↓            ↓

    見た感じもとても綺麗ですよね。

    値段は1泊、(20:00~翌日06:00)56,000w(約5,600円)~77,000w(約7,700円)となっていました(2019年12月現在)。予定として、深夜に明洞まで行かなくてもよければ、こちらで休んでから移動するのもいいかもしれませんね


    実際そのダラク・ヒュ(DARAKHYU)を利用した様子の動画がありましたのでお借りしました。
     ↓            ↓



    動画でも分かりましたがほんと快適そうですね^^

    まとめ


    仁川空港から明洞までの行き方をお伝えいたしました。

    私の初めての韓国旅行は、仁川空港から明洞までをツアーバスで移動しました。ただそのバスは寄りたくない土産売り場に連れて行かれるのが嫌でしたね~。

    だから2回目からは、バスを含めた交通機関のどれかを選んで移動しようと決めたのです。

    ただ、どれを使うかは気分にもよりますが、基本的には、

    • 大きい荷物があるときはバス
    • 早く移動しなければならないときは電車
    • 目的地まで楽に行きたいときはタクシー

    なんて決めていますよ^^

    そして深夜に到着した場合は、

    • 深夜割増料金を払いタクシーでの移動
    • 深夜リムジンバスでの移動
    • 空港内で過ごし始発での移動

    を検討されてくださいね。


    以上、明洞までの移動のときに参考にしていただければ幸いです。

    あと【60分500円】で【入学金・事務手数料ゼロ】の韓国語講座。のように安い料金で韓国語が習えるようになったのでもっと頑張って勉強したいと思っています^^

    今回も記事をお読み頂きありがとうございました。


    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    おすすめ記事(一部広告を含む)