仁川空港から東大門までの行き方!電車料金や他の方法も大特集したよ

先日韓国での宿泊先を、久しぶりに東大門にしてみました。ここ最近は江南地区が多いのですが、たまには東大門市場でゆっくり買い物もしてみたいし、以前食べて美味しかった刺身屋さんにも行ってみたかったからです。


でも仁川空港で迷ったのが、東大門に行くのに電車かバスどちらにするかです。あとタクシーとも考えたのですが、「ちょっと贅沢かな~」と思っちゃったんですよね。

すると妻が

お腹が空いたから早く着く行き方にして~


と懇願しています^^


となると今まで使ったアクセス方法で一番早かった電車と決め、東大門まで向かうことにしました。

だけど私的には、便利で楽に移動できるバスやタクシーも本当は捨てがたかったんですよね~(^^;


ということで今回は、仁川空港から東大門までの電車やバス、タクシーでの行き方を大特集してお届けいたします。記事内の料金やレート計算は記事作成時のものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仁川空港から東大門までの行き方


ではまず仁川空港と東大門までの距離や位置関係をグーグルマップで確認です。①仁川空港第1ターミナル②第2ターミナル③東大門
 ↓            ↓


地図上から直線距離で測ると約50㎞ありました。けっこう離れていますよね。

そしてその離れた距離を早く移動するなら、私の経験上は交通渋滞などがない電車が1番でしたよ。


ではその電車でのアクセス方法から見ていきましょう。

電車は空港鉄道+地下鉄を利用して行くよ


電車ですが、仁川空港の第1か第2ターミナルのどちらからでも空港鉄道A・REXに乗車。そして、ソウル駅で地下鉄4号線を利用します。

ただ仁川空港から乗車する空港鉄道A・REXには直通列車と一般列車があります。そのどちらに乗車するかで、東大門までの時間と運賃に差がでます



■直通列車で行く場合

ルートは、

仁川空港第2ターミナル駅⇒仁川空港第1ターミナル駅⇒ソウル駅(地下鉄4号線に乗換)⇒線会賢(フェヒョン)駅⇒明洞駅⇒忠武路(チュンムロ)駅⇒東大門歴史文化公園駅⇒東大門駅

そして、

★第2ターミナルからは、

  • 統合チケット(直通列車+地下鉄)運賃:直通列車9,000w(約900円)+地下鉄1,350w(約135円)
  • 時間:約65分(仁川空港からソウル駅までは51分)


★第1ターミナルからは、

  • 統合チケット(直通列車+地下鉄)運賃:直通列車9,000w(約900円)+地下鉄1,350w(約135円)
  • 時間:約60分(仁川空港からソウル駅までは43分)


直通列車の子供料金:満6歳以上から満13歳未満は7,500w(約750円)



■一般列車で行く場合

ルートは、

仁川空港第2ターミナル駅⇒仁川空港第1ターミナル駅⇒空港貨物庁舎駅⇒雲西(ウンソ)駅⇒永宗(ヨンジョン)駅⇒青蘿(チョンナ)国際都市駅⇒黔岩(コマム)駅⇒桂陽(ケヤン)駅⇒金浦国際空港駅⇒麻谷ナル駅⇒デジタルメディアシティ駅⇒弘大入口(ホンデイック)駅⇒孔徳(コンドッ)駅⇒ソウル駅(地下鉄4号線に乗換)⇒線会賢(フェヒョン)駅⇒明洞駅⇒忠武路(チュンムロ)駅⇒東大門歴史文化公園駅⇒東大門駅

の第2ターミナルからなら停車駅数は18駅。

そして、

★第2ターミナルからは、

  • 運賃4,850w(約485円)※T-money:4,750w(約475円)
  • 時間:約81分(仁川空港からソウル駅までは66分)


★第1ターミナルからは、

  • 運賃:4,250w(約425円)※T-money:4,150w(約415円)
  • 時間:約75分(仁川空港からソウル駅までは59分)


子供料金:満6歳以上から満13歳未満は区間により異なりますが最大半額までの割引があります。それとあとで説明しますが、※T-moneyとは電車などを割引で利用できる交通カード。


どちらを選ぶか迷ってしまうかもしれませんが、私の場合は時間的に約10分程の差なので、運賃を考えると一般列車をいつも利用していますよ。


あと仁川空港に到着してから空港鉄道の乗り場までの行き方を紹介しておきますね。



今回は第2ターミナルの到着ロビーからですが、第1ターミナルの場合はこちらに画像付きで詳しく書いてありますよ。
 ↓            ↓
初めて韓国旅行に出かけた場合は、明洞や東大門、南大門辺りで遊ばれる事が多いと思います。 しかし、漢江を渡った狎鴎亭や新沙がある江南区も...


まず到着ロビーにでたらこちらの案内板を見つけましょう。
 ↓            ↓
空港鉄道の案内板

空港鉄道乗り場は地下1階。案内板にしたがいエスカレーターかエレベーターで下の階に降りましょう。
 ↓            ↓
空港鉄道がある地下1階に向かうエスカレーター

下の階でも案内板があるので確認しながら進んでいきましょう。
 ↓            ↓
地下1階にある空港鉄道の案内板

空港鉄道乗り場までは多少の距離はありますが、平面エスカレーターもあるので楽に行けますよ。
 ↓            ↓
平面エスカレーター

途中コンビニもあるので必要な物があれが購入もできますよ。
 ↓            ↓
コンビニ

しばらく歩くと交通センターがあります。
 ↓            ↓
交通センター

その交通センターの近くに、空港鉄道の一般(ブルー)と直通(オレンジ)の改札口があります。
 ↓            ↓
空港鉄道の改札

そして交通センターか、こちらのタッチパネル式の券売機で東大門駅までのチケットを購入しましょう。券売機は日本語も対応してくれるので安心ですよ。
 ↓            ↓
空港鉄道の券売機


チケットですが、どうせならT-moneyカードがおすすめだよ。



■T-moneyカード

日本のSUICA(スイカ)などと同じで、韓国の地下鉄やバスなどを割引料金で利用できる交通系ICカード。コンビニなどで手軽に購入ができます。

そして1,000w単位で先ほどの券売機からでもチャージがOK。多めにしておけば旅行中の移動も楽ですよ。私の場合ですが、3泊4日の日程で20,000w(約2,000円)ほどチャージしていますがちょうどいい感じです。

ただし、空港鉄道では一般列車は使えますが、直通列車には使えません


こちらはソウル駅までの時刻表。赤丸は直通列車です。
 ↓            ↓
空港鉄道の時刻表

では次にバスでの行き方を見ていきましょう。

バスはリムジンバスを利用して行くよ


スポンサーリンク


大きな荷物がある場合や、市内までの道中の風景をゆっくり楽しみたいならバスがおすすめ。私の場合は、韓ドラの中で見た見覚えがありそうな風景を発見しては喜んでいます^^

そして東大門までは乗り換えなしでいける6001番高級リムジン6002番一般リムジンバスを利用します。


一般は座席が4列で若干狭め。高級は、座席がゆったりとした快適シート。ただ値段は高級が15,000wで一般が10,000wだから一般のがお値打ち価格だよ。



6001番の車内の様子のツイッター画像がありましたのでお借りしました。
 ↓            ↓


やはり皆さんリラクスして乗車しているよに感じますね^^


6002番の方もありましたのでお借りしました。
 ↓            ↓


狭いようにも見えますが、そんなに窮屈そうには感じませんね^^


それとリムジンバス乗り場は空港鉄道と同じ地下1階にあり、こちらの専用のチケット売り場があります。
 ↓            ↓
リムジンバスなどのチケット売り場

また交通センター近くに券売機も設置していますよ。
 ↓            ↓
バスの券売機

そしてチケットを購入し、外に出ると大きなバス乗り場があります。ちょうど画像に写っているのが6001番ですね^^
 ↓            ↓
バス乗り場

6001番と6002番の乗り場位置や、ルートと所要時間等も説明しておきますね。



■6001番

乗り場位置は

  • 第1ターミナル:5B
  • 第2ターミナル:29


そしてルートは、

仁川空港T2-B1階⇒仁川空港T1⇒空港到着ロビー進入1⇒空港の到着ロビー進入2⇒仁川空港の駐車場⇒GSガソリンスタンド⇒神仏IC⇒空港入口JC⇒永宗(ヨンジョン)大橋⇒ブクインチョンIC⇒新空港TG⇒ノオジJC⇒金浦空港IC⇒放火(パンファ)大橋⇒麻谷(マゴク)鉄橋⇒カヤン大橋⇒城山(ソンサン)大橋⇒ヤンファ大橋⇒ヨイ下流IC⇒ヨイ2橋⇒ヨイ橋⇒漢江大橋北端.LGユープラス⇒新龍山(シニョンサン)駅⇒三角地域(サンガクチ)駅⇒淑(スク)大入口駅⇒カロル洞⇒ソウルスクエア前⇒南大門市場⇒明洞入口⇒退渓路3街。韓屋村韓国の家⇒忠武路駅2番出口劇場前⇒ベイトンホテル⇒アカシアホテル。ウェスタンコープレジデンス⇒乙支路コープレジデンス⇒東大門歴史文化公園

で、

  • 運賃:15,000w(約1,500円)
  • 時間:約100分

で行けます。

運行間隔は約25分で、始発と終電は、

第1ターミナル

  • 始発:平日05:30土日祝05:40
  • 終電:平日23:05土日祝23:05

第2ターミナル

  • 始発:平日05:35土日祝06:00
  • 終電:平日22:45土日祝22:45

となっています。



■6002番

乗り場位置は、

  • 第1ターミナル:5B
  • 第2ターミナル:30

です。

そしてルートは、

仁川空港T2-B1階⇒仁川空港T1⇒空港到着ロビー進入1⇒空港の到着ロビー進入2⇒仁川空港の駐車場⇒GSガソリンスタンド⇒神仏Ic⇒空港入口JC⇒永宗(ヨンジョン)大橋⇒ブクインチョンIC⇒新空港TG⇒ノオジJC⇒金浦空港IC⇒ナンジド下水処理場⇒ナンジド漢江公園⇒合井(ハプチョン)駅 ⇒西橋洞⇒弘大入口駅⇒新村五叉路現代百貨店⇒新村五叉路2号線新村駅⇒梨大駅⇒ウェディングタウン⇒アヒョン駅⇒忠正路駅⇒ソデムン駅交差点⇒ソウル歴史博物館⇒光化門⇒鍾路1街⇒鍾路2街⇒鍾路3街⇒鍾路4街⇒東大門総合市場鍾路6街⇒東大門駅。興仁之門

で、

  • 運賃:10,000w(約1,000円)
  • 時間:約100分

です。


運行間隔は約15分で、始発終電は、

第2ターミナル
  • 始発:平日05:45土日祝05:50
  • 終電:平日23:20土日祝23:20

第1ターミナル
  • 始発:05:30土日祝05:45
  • 終電:23:40土日祝23:40

となっています。


私はどちらも利用したことがありますが、やはりゆったり感は高級リムジンが最高ですね。ただ一般でもそんなに窮屈に感じることはありませんでしたよ~。まあどちらにしても車窓から眺められる韓国の街並みは楽しいですよ。



タクシーは一般タクシーがおすすめ


タクシーで仁川空港から東大門までは、

  • 運賃:58,000w(約5,800円)
  • 時間:約70分

で行くことができます。

やはり料金は高いですが、目的地の目の前まで行ってくれるタクシーは最高です。とくに雨降りの日などは助かりますね。


あとはじめて泊まるホテルなど、場所が分からない場合に電話番号を伝えればナビを使って正確に行ってくれますよ~



ただタクシーにも大きく分けて

  • 一般タクシー
  • 模範タクシー
  • ジャンボタクシー

の3種類があり、お伝えした料金は一般タクシーのものです。他のタクシーを使うと割高になるので気をつけましょう。

ちなみに各タクシーの基本料金は、

  • 一般初乗り:3,800w(約380円)132メートル又は、31秒ごとに100w(約10円)
  • 模範初乗り:6,500w(約650円)151m又は、36秒ごとに200w(約20円)
  • ジャンボ初乗り:6,500w(約650円)151m又は、36秒ごとに200w(約20円)

となっています。※2020年2月

その仁川空港のタクシー乗り場ですが、第1も第2ターミナルも1階到着ロビーの外にありますよ。


あと気をつけたいのがぼったくり。最近では少なくなったと聞いていますが、念のためこちらの記事をお読みくださいね。
 ↓            ↓
明日から初めて韓国旅行に行く初心者だけれど心配なのがタクシー。 言葉が通じないから安全に利用できるかとても心配。 それと、タクシーを...

それと深夜に到着なんてこともありますよね。こちらの仁川空港から明洞のバスや他の行き方!所要時間を含め全部紹介するよ記事の中にはそんなときの市内までの行き方や、空港での過ごし方も書いてあります。

まとめ


仁川空港から東大門の行き方をお届けいたしました。もしどのアクセス方法で行こうかと迷ったときの参考になれば幸いです。

ではもう一度まとめておきます。

■直通列車

★第2ターミナルからは、

・運賃:直通列車9,000w(約900円)+地下鉄1,350w(約135円)
・時間:約65分(仁川空港からソウル駅までは51分)

★第1ターミナルからは、

・運賃:直通列車9,000w(約900円)+地下鉄1,350w(約135円)
・時間:約60分(仁川空港からソウル駅までは43分)


■一般列車

★第2ターミナルからは、

・運賃4,850w(約485円)※T-money:4,750w(約475円)
・時間:約81分(仁川空港からソウル駅までは66分)

★第1ターミナルからは、

・運賃:4,250w(約425円)※T-money:4,150w(約415円)
・時間:約75分(仁川空港からソウル駅までは59分)


■バス

■6001番

・運賃:15,000w(約1,500円)
・時間:約100分

■6002番

・運賃:10,000w(約1,000円)
・時間:約100分


■タクシー

・運賃:58,000w(約5,800円)
・時間:約70分



今回も記事をお読みになって頂きありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)